九州産の野菜

九州産の野菜の特徴やおいしい理由

健康志向が高まることによって野菜の価値を見直す傾向にありますが、その価値を見直したからこそ健康でおいしいを条件として物が需要が伸びているのです。その健康でおいしい野菜を購入するのに、近年注目されているブランドが日本の最西端に位置する九州産です。その九州産がおいしい理由には、九州産独特の地形と気候の特徴大きく関係しています。それは常識で野菜は植物なので地中で成長するため、成長するための土壌である土が最も重要な要素となります。九州の場合熊本県や鹿児島県でわかるとおりに其の全体が火山地域になっているのですが、その火山地域の土は元は溶岩で火山の溶岩は冷える段階で無数の空洞が作られた土となります。その性質を持つことによって溶岩の熱によって溶かされた鉱石が土の中に入り込むことによって生育に必要なミネラルを作り出すと共に、溶岩が冷えて固まったことでの空洞は水の吸収と水はけが良く生育に適した環境であるということです。そしてもうひとつが生き物であるため水分と温暖さが一定している環境が必要になるのですが、温暖さの場合は山が中央に位置することで冷たい空気と暖かい空気がうまく入り込むで生育に適しています。そして水分量も九州は台風の通過する回数も最多になるほど雨の降水量というのは全国的にも多い場所でもあります。そのため火山の鉱石のミネラルと海からのミネラル分を含んだ水が合わさることによって、豊富で栄養に富んだ水源で育てられることでの特徴が人気の理由となります。

 

しじみ成分のサプリメント